豊胸手術の費用と痛み

> > 豊胸手術ってどうやるの?費用や痛みは?

豊胸手術ってどんなことをするの?掛かる費用や痛みはどれくらい?

豊胸手術ってどうやるの?費用や痛みは?のイメージ画像

グラビアアイドルやモデル、女優の水着を見て「これ、シリコンじゃない?」「大きくなったみたいだけど豊胸手術じゃない?」という話、よく聞きますよね?

豊胸手術はたしかに綺麗で大きなバストが手に入ります。でもそれまでにはリスクのある手術と、高い費用の問題を乗り越えなくてはいけません。実際豊胸手術とはどんなものなのか、徹底分析してみましょう。

豊胸手術の種類と費用

豊胸手術には大きく分けて3種類あります。

  • ヒアルロン酸を注入する
  • 自分の脂肪や血小板から作ったジェルを注入する
  • シリコンのバックを入れる

費用はどの手術も100万円前後かかる高額なものです。いずれの方法も麻酔をしますので、手術中に強い痛みを感じることはあまりないと考えましょう。ですがメスで切開するような手術の場合は、術後しばらくの痛みや腫れは乗り越えなければならない事なんです。

ヒアルロン酸でバストアップする方法は、針の刺し傷だけなので豊胸手術の中でも手軽でダメージが少ない方法です。バストの気になる場所にヒアルロン酸を注入してバストアップできます。垂れてしまった人は胸の上部に注入すると形がよくなりますし、ボリュームを出したいひとは乳首の下あたり、谷間を出したいひとは乳房内側に注射することができます。

費用は1カップほど大きくすると25〜60万円ほどで、豊胸手術の中では安く済むほうと言えますね。効果は2年ほど続き、ヒアルロン酸は体に吸収されていきます。

自分の脂肪や組織を胸に注入する方法もあります。気になる部分から脂肪を吸引し、そこから取り出した脂肪や脂肪幹細胞を胸に注入、定着させてバストアップさせます。費用は70〜150万円ほどです。気になる場所の脂肪を胸に移動!という夢のような方法ですが、まずは脂肪吸引の手術を受ける必要があります。

様々な方法がありますが、共通してカニューレという管を体に差し込み脂肪を吸い出します。麻酔はかけますが、数ミリの切開の傷が残る方法です。吸い取った脂肪を胸に移植する前に、遠心分離で不要な成分と分けるコンデンスリッチ法と、フィルターで不要な成分を取るピュアグラフト法があります。費用は高いですがコンデンスリッチ法で処理した脂肪が胸に定着する確率は80%、大してピュアグラフト法は50〜60%の定着と言われています。

さらに自分からとった血液の血小板から作られたジェルと、脂肪幹細胞を注入して胸を大きくする方法にも注目です。血小板ジェルが脂肪の定着を助け、新しい血管を作り出し細胞を育ててバストアップします。再生医療分野の技術を応用した、近年話題の豊胸術です。

費用は90〜150万円ほどと高めですが、手術後その日に帰宅できますし、翌日から仕事にも行けるひともいます。シャワーは翌日〜3日目くらいで入れるため、普通の生活に戻る時間も短くて済みます。仕事が忙しいひとでも受けられるのが魅力ですね。

脂肪や組織の移植は自分の一部を使う為、効果が長く続きトラブルも少ないと言われていますが、個人差が大きいとも言われています。高いお金を払っても胸に脂肪が定着しないかもしれない方法でもあるんです。

最後に、確実なバストアップ効果があり、有名なのが胸にシリコンのバッグを入れる方法です。病院にもよりますが、全身麻酔で腋などを切開し、生クリームを絞り出す袋のような器具を切開した場所に挿し入れ、シリコンバッグを絞るように乳腺の下に入れていきます。

費用は40〜100万円ほど、シリコンのバッグに種類や大きさがあるため、理想のバストによってお値段に大きな差が出てきます。

シリコンバッグを入れた場所に溜まった体液を抜くための管を入れたり、ガーゼや包帯で固定して過ごすので、術後は何日か通院する必要があります。1週間ほどで抜糸できますが、腫れや炎症などは4ヶ月程度続き傷もすぐには治らないので、手術後美しい胸が完成するまでには数ヶ月の時間がかかると考えましょう。

そして、手術から10年後くらいに再手術をして、劣化したシリコンバッグを取り除く必要があります。確実で費用の面でも手が届きそうな豊胸手術の方法ですが、リスクも大きいんです。

乳癌の発見が遅れる?シリコンバッグ豊胸手術のリスク

昔ほど危険は無くなりましたが、シリコンバッグ豊胸手術にはまだまだリスクがあると言われています。

  • シリコンバック周辺に血液や体液が溜まる
  • ごくまれにシリコンバッグが出てきてしまう
  • お医者さんの腕によっては胸の形が崩れてしまう
  • 皮膚の違和感、痛みが残る
  • シリコンバッグの周辺に硬い被膜ができてしまう(被膜拘縮)
  • 10年後再手術の必要がある
  • 病院によっては乳がん検診(マンモグラフィー検査)を断られる場合がある

失敗やトラブルがあった時は再手術しなくてはいけない事もあります。中でも命に関わる可能性があるのが、シリコンバッグを胸に入れたひとは、マンモグラフィー検査を断られる場合があることです。マンモフラフィーは乳房を検査器具で挟み、乳癌がないか調べる検査ですが、挟んだ時、シリコンバッグが破損する危険があるため断られると言われています。

最近ではシリコンバッグを入れていてもマンモグラフィー検査をしてくれる病院も増えましたが、病院で一度「シリコンバッグを入れている方はちょっと検査できないです」と言われると「そうか、乳癌の検査は無理なのね」と知らずに諦めてしまい、検査できず手遅れになる危険もあるんです。

さらに2〜30代女性の平均年収は250〜300万の間と言われています。そこから100万円近い豊胸手術の代金を捻出するのはかなり負担ですよね。

お給料を無理の無い範囲でやりくりして、遊んだりたまに美味しいものを食べて、バストアップサプリメントやエクササイズでバストアップを目指すほうが現実的な方法ではないでしょうか。どの豊胸手術もすばらしい技術ですが、リスクを知った上で決断したいですね。


ページのトップへ