> > 豆乳でバストアップ!効果を最大限に引き出す方法

豆乳はバストアップ効果が期待できるって本当!?どんな豆乳でもいいの?

豆乳でバストアップ!効果を最大限に引き出す方法のイメージ画像

豆乳を飲むと胸が大きくなる?という噂、聞いたことありますよね?豆乳といえば大豆が原料のヘルシーな飲み物で、なんとなく胸が大きくなるイメージは湧きにくいんじゃないかと思います。

しかし豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、眠っているバストの力を呼び覚まし、ふっくらとした胸に近づけてくれるんです。

バストアップに最適な豆乳の種類は?

大豆を水に浸してすり潰し、炊いて甘い香りを引き出し、おからと分離させると豆乳が出来上がります。大豆のおいしさをぎゅっと絞った豆乳ですが、バストアップサポート成分、大豆イソフラボンを含んでいる女性にうれしい飲み物なんです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持つ成分で、女性の乳房にある乳腺を発達させることがわかっているんです。生理前の排卵の頃になんだか胸が張ったり大きくなる気がする・・・?という女性もいるのではないでしょうか。同じ現象が豆乳を飲むことで起きるんですね。

しかし豆乳を買うぞ!とスーパーに行くと、いろんな種類の豆乳があってどれを選んだらいいの?となってしまいますよね。豆乳には大きく分けて3種類があります。

豆乳の種類 大豆固形分 大豆たんぱく質
無調整豆乳 8%以上 3.8%以上
調整豆乳 6%以上 3.0%以上
豆乳飲料(果汁系飲料) 2%以上 0.9%以上
豆乳飲料(その他) 4%以上 1.8%以上

つまり絞ったままの無調整豆乳のほうが大豆固形分、大豆たんぱく質が多く、それに含まれる大豆イソフラボンも多いため、バストアップに最適なのは無調整豆乳と言えますね。

ただ豆乳の香りには好き嫌いがありますので、大豆の香りや味が苦手な人は味を飲みやすく整えた調整豆乳や豆乳飲料でもかまいません。1日に摂取していい大豆イソフラボンの分量は決まっており、それを超えると過剰摂取になってかえっていい結果を生まないこともあります。

適切な分量を毎日コツコツ撮り続けることで、バストアップ効果が現れてくるので、濃い無調整豆乳を3日でやめてしまうよりも、飲みやすい豆乳飲料を毎日しっかり飲んだほうがバストアップのためにはいい選択なんですね。

バストアップするために必要な豆乳の量は?

より効果が出やすい豆乳はどれか触れましたが、大豆イソフラボンは1日に摂取していい分量が決まっていて、それ以上になると過剰摂取になってしまうので注意が必要なんです。

国の食品安全委員会によれば、大豆イソフラボンの安全な摂取目安量は多くても1日70~75mgまでなのだそう。ちょっとピンとこない数字ですが、200mlの一般的な豆乳パックにおきかえると、けっこう少ない数字ということがわかります。

  • 無調整豆乳・・・68mg
  • 調整豆乳・・・ 50mg
  • 豆乳飲料・・・味によって20〜40mgくらいの幅

メーカによって差はありますが、概ね無調整豆乳なら1日パック1本飲めば十分ということになりますね。豆乳飲料でも1〜2本飲めればしっかり大豆イソフラボンが摂取できます。

忘れてはならないのが、納豆や豆腐、おからにも大豆イソフラボンは含まれていて、そこから摂取する可能性も考えると、無調整豆乳を1日何本もゴクゴク飲むことはおすすめできません。大豆イソフラボンを過剰摂取すると、ホルモンバランスが崩れて色んな体調不良が出てきてしまいます。

  • 生理不順、周期が長くなる
  • 子宮からの不正出血や出血過多
  • 乳がん、子宮がんのリスクが上がる

がんのリスクはすぐには見えないので、生理の周期が変わったり、身に覚えのない不正出血などが続くようなら豆乳を控えて様子を見ましょう。豆乳バストアップは毎日の摂取量の制限がちょっと厳しいので、長い時間かけてバストを育てるくらいの感覚で続けることが大切です。

そんなに待てない!もっと強い女性ホルモン効果のあるものは無いの?と思われるかも知れません。豆乳ほどお手軽ではありませんが、プエラリア・ミリフィカというやはりマメ科の植物が同じメカニズムでバストアップサポート効果があることが知られています。

大豆イソフラボンよりも強力な植物性エストロゲンが含まれており、全世界注目のサプリメント原料なんです。どちらも個人差はありますが、効果を実感できるまでに豆乳は半年から1年以上、プエラリア・ミリフィカだと1ヶ月から3ヶ月ほどと言われています。

お手軽な豆乳バストアップもいいですが、待てない人はプエラリア・ミリフィカのサプリメントを試してみてもいいかもしれませんね。

豆乳でシェイプアップも同時に欲張りたい!

豆乳はお腹が空いたときや間食したい時飲むと、腹持ちよくダイエットのお供としても優秀です。ご飯の前に飲んでも食べる分量をコントロールできていいですね。

また豆乳にはたくさんのオリゴ糖が含まれていて、腸内善玉菌のエサになり、良い菌を増やす作用もあります。腸内で善玉菌が増えると腸の動きも活発化し、お通じが良くなったり、内臓の基礎代謝が上がって痩せやすい体につながります。

また豆乳に含まれる大豆サポニンは脂肪の吸収を抑制してくれたり、肝臓の機能を保護して基礎代謝を上げてくれる性質を持っています。痩せやすい体質には大豆サポニンも強い味方なんですね。

基礎代謝とは、人間が生命維持するために自動的に使うエネルギーのこと。基礎代謝の実に7割が内臓というデータもあり、内臓の基礎代謝を上げることは痩せやすさに直結するんですね。

ちょっとバストアップからは脱線しましたが、スタイルのいい女性は豊かな胸とくびれたウエストのメリハリで作られるので、胸を引き立たせるためにもシェイプアップは是非しっかりやっておきたいところです。

バストアップとシェイプアップ、どちらにも効果的な豆乳を上手に取り入れて、ゆるやかなスタイルアップに挑戦してみましょう。半年から1年後くらいにブラのサイズが変わっているかもしれませんよ・・・?


ページのトップへ