左右の胸の大きさが違う理由

> > 左右の胸の大きさが違う原因はなに?

大きさが違う左右の胸!利き腕と背骨の歪みが関係してた?

左右の胸の大きさが違う原因はなに?のイメージ画像

鏡の前に裸で立つとなんだか両胸のバランスが悪い・・・?ブラが片方のカップだけ隙間がある・・・?

ちょっと自分の胸に自信が持てなくなる原因が、左右の大きさが違うバストの悩みです。実は背骨の歪みと利き手が関係したり、病気が隠れている場合もあるので美容と健康の両面で見過ごせない問題なんです。

左右の大きさが違うバストは自然なこと

そんな!と思われるかも知れませんが、もともと人間だって自然の一部、完全に左右対称ではありません。いろんな要因で左右の胸は誰でも大きさが違うのです。

  • 利き手のほうの胸の筋肉が引き締まり、バストが小さくなる
  • 骨盤・背骨・肋骨の曲がりで左右非対称に
  • 心臓を守るため左側乳房が少し大きい

利き手はどうしても反射的に使ってしまうものです。そうなると、利き手側の筋肉とバストだけが引き締まってしまいます。そうなると利き手でない側のバストと形に差が出てきてしまうんです。

対策としては、カバンや物を利き手ばかりで持たないことが大切です。利き手でない側の筋肉を鍛えてもいいですね。目の高さくらいに手をついて、壁腕立て伏せをすると胸の筋肉が鍛えられ、形が整いますよ。

あと骨格の歪みが原因の場合もあります。骨盤や背骨が歪むことで、血やリンパのめぐりが悪くなり、左右の乳腺発達や脂肪のつき方に影響し、バランスの悪いバストになっていきます。さらに骨格が歪んだせいで、肋骨が前に突き出たり後ろに引っ込んだりすると、胸の形も非対称になると言われています。

これも歪ませないために利き手側ばかりでカバンなどを持たない、あとストレッチをして体の歪みをとることが大切です。姿勢よく過ごすよう心がけてみたり、足を組む・横すわり・ぺたんこ座りをやめてみましょう。

あとは足を肩幅大に開き、腰に手を置いてそのままフラフープを回すように骨盤を動かす運動をこまめにすると、骨盤から歪みを解消できますよ。

そして対策できないものとして心臓を守るため左側の乳房は大きくなりがちという説があります。こればかりは人体構造上の問題なので、体が歪まぬよう、筋肉が偏らぬよう、ほかの部分で頑張るしかありませんね。

胸の大きさが左右非対称なときのブラは、大きい方に合わせるといいと言われています。小さいほうに合わせてしまうと胸を圧迫してバストアップによくないので、小さいほうにパットを入れて調整するといいでしょう。

左右の大きさが違いすぎると胸に病気が隠れていることも?

左右のバストの大きさが違うのは自然なこと、起こりがちなことということに触れましたが、あまりに大きさが違う場合、実は病気が隠れていることもあるので気をつけたいところなんです。何か乳房に出来ていたり、腫れることで片方が大きくなることがあるんです。

  • 乳腺症
  • 乳腺炎
  • 乳がん

乳腺症はしこりや痛み、腫れがある病気で乳房が大きくなる傾向があります。乳腺症といってもはっきりとした病気ではなく、ホルモンバランスの乱れで乳腺に起こる不具合の総称で命に関わるものではありません。

ただ、しこりがあっても「乳腺症だから平気ね!」と見過ごすと乳がんを見落とす危険があります。あやしいしこりがあった場合、マンモフラフィー検査やエコー検査をなるべく早く受けるようにしてください。

改善方法はホルモンバランスを整えることが良いとされています。乳腺症は特にホルモン分泌が多くなる生理前に多いと言われていますので、生理前に腫れはじめ、生理が終わると元にもどることが多いようです。気になるようなら婦人科に相談してホルモンバランスを整える治療を受けましょう。

あと赤ちゃんを産んだことがあるひとならおなじみの、乳腺炎も腫れて胸が大きくなります。乳腺がつまって炎症を起こし、痛みや発熱が起こります。対策は授乳中なら母乳を外に出してしまうこと。まれに出産経験のない女性でもなってしまう事があるので、その場合は病院に相談しましょう。

そしてこの中で最も危険度が高いのが乳がんだった場合です。触ってみてしこりがあったらなるべく急いで病院で乳がん検診を受けましょう。マンモグラフィー検査やエコー検査など調べてもらう事ができます。乳がん検診は何もなくても定期的に調べたほうがいい検査として有名なので、しこりを感じなくても受けてみることをおすすめします。

乳がんは遺伝でなるかならないか、リスクが大きく違ってくる病気です。ハリウッドの超有名女優が遺伝的に乳がんになりやすい体質だとわかったので、予防のため乳房を切除する手術を受けて世界中を驚かせたのは大ニュースでしたよね。彼女は乳房の中身だけを切り取り、中にインプラントを入れて美しい乳房の形は損なわずに、病気のリスクだけを回避したのだそう。

そこまでしなくても、自分の親戚で乳がんにかかった人はいないか、ちょっと親戚の病歴を調べてみるのも立派な予防対策のひとつではないでしょうか。その後の乳がん対策が違ってくるかも知れません。

筋肉や骨のバランスを整え、乳房に病気がないかチェックしてバストを左右対称に近づけていきたいですね。左右の乳房のバランスも美乳の大切な要素のひとつ。健康を守るうえでも大切なことばかりなので、ぜひエクササイズや歪まない生活を実践したり、病気の検診を受けたいですね。


ページのトップへ