バストアップサプリの年齢制限

> > バストアップサプリメントが効果的な年齢

何歳から飲む?バストアップサプリメントと年齢の関係

バストアップサプリメントが効果的な年齢のイメージ画像

バストアップサプリを飲み始めたいけど、自分の年齢でもう飲んでもいいのかな?胸がしぼんできてしまったのでバストアップサプリメントを試したいけど、もう私の年齢だと遅いのかしら?いろんな疑問、ありますよね。

バストアップサプリメントは医薬品ではありませんので、基本的にどの年代のひとが飲んでも大丈夫なように作られています。ただ女性のホルモン分泌量は一生変化していきますので、ホルモンに近い物質で乳腺を発達させるバストアップサプリとは、年代別に付き合い方が違ってくるんです。

年齢別バストアップサプリメントとの付き合い方

バストアップサプリメントは、主成分のプエラリア・ミリフィカの持つ女性ホルモン・エストロゲンに似た作用がポイントです。プエラリア・ミリフィカに含まれる成分が、胸にある乳腺の発達を助け、それを守ろうと胸に脂肪がついていき、バストアップするメカニズムなんですね。

バストアップサプリはいくつから飲んだらいいのか?そしていくつまで効果があるのか?そこの鍵を握っているのは女性ホルモンなんです。

バストアップサプリはまだ早い?10代はマッサージやエクササイズで

10代の女の子は女性ホルモンが一生で最も沢山分泌されている時期です。子供の体から20代の女性ホルモンピークに向けて、ぐんぐん体が女性らしく成長していきます。つまり10代はバストアップサプリメントのような成分を、自分の体で作っているような状態なんですね。

なので「胸が大きくならない!!」という10代の悩みは、まだ胸が育っていないだけの可能性が高いのです。そして10代は発展途上の体のため、ホルモンバランスを崩しやすいデリケートな年代でもあります。バストアップサプリメントのプエラリア・ミリフィカはかなり強い女性ホルモン作用がありますので、10代のうちに飲んでしまうとホルモンバランスを崩し、体調が悪くなる危険が高いのです。

今すぐ胸を大きくしたくてもここはぐっと我慢で、マッサージやエクササイズでボディに磨きをかける時期です。20代にいいオンナとして花開くために、10代から磨きこんでいきましょう!

(ここに03.簡単美乳エクササイズで胸の形を良くしよう!と15.胸を揉むと大きくなる?都市伝説のホントはマッサージにあり!へのリンクお願いします。)

20代前半はストレスとの戦い!ホルモンをバストアップサプリで補おう。

20代前半は仕事を頑張ったり、将来を決める大事な恋愛で悩んだり、10代の頃の友達とは違う道を歩み始めて孤独になったり・・・思い出になればドラマチックな青春ですが、人生分かれ道の超ストレス年代と言えます。

ストレスは女性ホルモンの分泌を邪魔し、胸を小さくしてしまう原因になります。肌荒れや髪が薄くなっていたら、それは女性ホルモン不足のサインかも知れません。ストレスに負けないよう、バストアップサプリで女性ホルモンを補って、胸をふっくらさせてあげましょう。

10代からずっと胸が育たないの!と泣いているひとは、ストレスや体質など、いろんな原因で女性ホルモンが足りていないのかも知れません。20代になっても胸が小さいままのひとは、バストアップサプリメントの効果が出やすいひととも言えるんですね。

バストアップサプリデビューで恋愛や生き方に自信を持つなら、早いほうがその後の人生がより輝くに違いありません。勇気の一歩を踏み出したい年代ですね。

20代後半はバストアップサプリを始めるゴールデンタイミング

20代後半になったら、バストアップサプリが最も力を発揮する世代に突入します。女性ホルモンは25歳をピークにがくんと減り始め、閉経までどんどん減り続けます。

女性ホルモンが減っていく時期にバストアップサプリで補ってあげると、胸が垂れたり削げてしまうのを防ぎ、ふっくらした胸づくりにとても役立つのです。乳腺は女性ホルモンが不足するとどんどん衰え、やがて胸が小さくしぼんでいってしまいます。胸を大きくすることももちろん20代後半に入ったら、将来垂れさせない、しぼませないこともバストアップのうちです。

胸は一度垂れてしまうと元に戻らないというこわい性質を持っているため、垂れさせないためには20代の終わりくらいから女性ホルモンを補い続けることが大切なんです。

減り始めているといってもまだまだ分泌量は多いので、バストアップサプリメントでより胸をふっくらさせたいという願いも叶いやすい年代でもあるんですよ。

30代からはバストアップサプリで体型維持

30代になったら女性ホルモンはますます減少、バストアップサプリでぜひ女性ホルモンを補いたい年代です。ホルモンを補うことで、ふっくら垂れない胸を保つ助けになります。

30代後半になると補正下着をつけ始めることで胸の形の維持に役立ちます。体に脂肪がつきやすくなるのもこの年代です。脂肪は形状記憶する性質がありますので、脇腹などで余ったお肉を補正下着の胸部分カップに固定してあげると、その場所に定着する可能性があります。30代後半少し脂肪がのったところで、思わぬバストアップができる可能性も残されているんですね。

30代は仕事・結婚・子育などで非常に忙しく、自分にかまっていられない場面も多い年代です。ストレスや睡眠不足は女性ホルモン分泌を妨げるので、その点でもバストアップサプリメントで女性ホルモンに近い成分を補充するのは大切なことです。

40代以降こそ、健康と美のためバストアップサプリが必要

40代以降もきれいなバストライン維持のため、バストアップサプリメントを続けることをおすすめします。健康面でも40代はどんどん女性ホルモンが減少してくることで、ひとによってはイライラ・加齢臭・動脈硬化・骨が折れやすくなる・髪が薄くなるなどの問題が起き始めます。症状が進むと更年期障害と呼ばれるようになる症状です。

更年期障害はおおよそ閉経後の50代から発症することが多いですが、個人差が大きく40代でも更年期障害と診断される場合もありますので、自分にはまだ早いと思わず対策しておいて損はありません。女性ホルモンを補ってくれるバストアップサプリメントは更年期対策にもうってつけなんですね。

女性ホルモンが満たされることで、コラーゲンが生成されやすくなって肌にハリが出たり、髪が豊かになったり、美容にも良い効果も現れます。40代以降もバストアップサプリで、美容も健康もしっかり手に入れたいですね。

20代以降どの年代でも、バストアップサプリメントは美と健康の強い味方なんですね。できれば20代後半には飲み始めて、美バストをずっと保っていけたらいいですね。


ページのトップへ